一級建築士挑戦 blog

一級建築士を目指すための一日の時間

2021/01/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
■47歳/個人事業主■仕事:住宅リフォーム業■好きな言葉:BRAVE HEART■資格:二級建築士、宅建■H28から一級建築士に挑戦しています。H29に学科合格したもののR1に角落ちをしR2に学科復活合格、そして現在も挑戦中です!

一日の時間なんてあっという間に経ってしまう。
今週も、もう木曜日。
来月にもなれば、「一年って本当に早いね。」なんて世間話があちらこちらで聞かれる。

これを要約すると、本当に一日の時間を大切にしないとと感じる。
一日の予定。
仕事を進める上でももちろん時間管理は大切だが、一級を目指すとなると当然勉強時間の確保が
必要となり、一日の時間割や予定通りに進めなかった場合の調整が今以上に重要になってくる。

いろいろなビジネス書を読むと時間の大切さが書かれており、私自身も一日の中のくだらない出来事に費やす時間には
非常に敏感になっている。
自分の都合に合わせて、人の時間を平気で奪う人が多いのに気付く。

自分の反省点としては、本当に今現場にいく必要があるのか?大工さんと一服を過ごすことが有益なのか?メールで済む内容なのか?午前中だけで外回りの仕事を完了できないのか?早朝の時間の使い方は?など他にも限りなく・・・

高校を卒業して、建設会社に就職して初めてついた上司に、現場事務所で製図板に向かって施工図の手ほどきを
受けている時に言われた言葉を思い出す。

「図面を書いている時に他の人が話しかけてきたときはシカトしろ!」と

数十年が経っても忘れないこの言葉。

怖くて、個性的な上司のこの言葉。

当時から自分軸の大切さを教わっていたんだと気付く。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
■47歳/個人事業主■仕事:住宅リフォーム業■好きな言葉:BRAVE HEART■資格:二級建築士、宅建■H28から一級建築士に挑戦しています。H29に学科合格したもののR1に角落ちをしR2に学科復活合格、そして現在も挑戦中です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 建築バカの一級建築士受験ブログ  , 2020 All Rights Reserved.